きょうとふるさとワーキングホリデー

お問合せ

きょうとふるさとワーキングホリデーについて

きょうとふるさとワーキングホリデーとは?
府外在住の若者(大学生等)等の皆さんが一定期間働いて収入を得ながら、府内に滞在し、地域住民との交流や体験イベント・地域の歴史文化の学びの場などに参加をしていただき、京都の良さを体感していただく「ふるさとワーキングホリデー」事業を行います。
日中はお仕事体験をしていただき、公休日や仕事終わりに交流会などのイベントに参加していただきます。
この機会に古都京都とはひと味違うもうひとつの京都、「海」「森」「お茶」の京都を知っていただき、これからのキャリアデザインにお役立てください。
実施期間
平成29年8月~9月、11月~平成30年3月の期間中に、2週間から4週間滞在していただきます。
※受け入れ企業により期間は異なります。
対象場所
京都府内全域(京都市を除く。)
仕事内容
観光業、農林水産業、製造業など各種産業からお仕事を提示しますので、ご自身で選択していただき、選ばれた事業所とマッチングを行います。マッチングが成立した後、事業主と雇用契約を締結していただきます。
宿泊
宿泊場所
事業所の寮・社宅、または近隣の旅館・ホテル等。希望する場合は、京都府がご紹介します。宿泊経費は一部負担します。(上限:1泊3,500円。ただし、実費の範囲内)

滞在費用
滞在期間中に必要になる食事や宿泊費(府負担分を超える分)、その他の生活費などについては個人負担です。
応募方法
下記の「お申し込みはこちら」から所定の内容をご入力のうえお申込みください。
         

もう一つの京都

このページのトップへ